身長を伸ばす生活習慣

身長を伸ばす生活習慣にするにあたり、もっとも大切なのはタンパク質です。

カロリーが十分あってエネルギーが確保されていても、タンパク質が不足していては身長は伸びません。

ここでは身長を伸ばすのであれば必要不可欠な栄養素を挙げていきます。

 

重要な栄養素

アミノ酸

燃焼系のCMで一世を風靡したアミノ酸。食事でとったタンパク質は体内で消化されてアミノ酸に分解されます。

アミノ酸は人体におけるほぼ全ての細胞を作るための原料となるほか、細胞が増殖・成長するときに働く酵素の原料になります。

成長ホルモン・性腺ホルモンといった骨の成長を促す様々なホルモンの原料にもアミノ酸は関わっているので背を伸ばしたいなら不可欠な成分といえます。

必須アミノ酸(体内で作り出せない8種類のアミノ酸)があどれだけバランス良く含まれるのかでタンパク質の栄養価は決まります。

※ちなみに、「プロテインコア」とは、これを数値で表したものです。この数値で100点満点の値を叩き出すのが皆さんご存じ卵です。

プロテインコアの数値が比較的良いものは牛乳、チーズ、あじ、あさり、豚肉、レバーなどが該当します。

カルシウム

骨といえばカルシウム!皆さんも一度や二度は聞いたことがあるフレーズではないでしょうか?

ですが、これは半分正解で半分間違い。カルシウムには骨を丈夫に固くして骨折などを未然に防ぐ効果は期待できるものの、身長を伸ばす(骨自体を伸ばす)働きは実はありません。

骨芽細胞から生成されるコラーゲンに吸着して柔らかいコラーゲンを固形化して骨をより頑丈にする働きがあります。

ところが、現代の日本人はカルシウムの摂取量が不足しています。

その理由は単純に乳製品の消費量が落ち込んでいるというのもありますが、それ以上に野菜を食べなくなったことが大きな原因として挙げられます。

直接身長を伸ばす働きはなくとも、良い骨の生成と維持のためにはカルシウムは無くてはならない存在です。

できるだけ意識してたくさんのカルシウムを摂取したものですね。

ミネラル

ミネラルの中にリンがあります。リンはカルシウム同様に軟骨を骨化する働きがある大変重要な成分です。

ところが、リンは食品添加物の一種として多く使われるため、通常現代人はリンの摂りすぎの状態にあります。

リンのとり過ぎはカルシウムや亜鉛などの栄養素の摂取阻害にもつながるようなのでリンを含む加工食品やインスタント食品のとり過ぎは身長の伸びを妨げることになりがちなので加工食品に大いなる注意が必要です。

亜鉛も骨の成長に欠かせないミネラルです。

亜鉛は成長に関わるホルモンの元となるタンパク質の合成に深く結びついていて、体内で細胞分裂がスムーズに行われるよう助ける働きがあります。

なお、加工食品に多く含まれるフィチン酸はミネラルの吸収を阻害します。

ファーストフード、インスタント食品、スナック菓子、ジャンクフードの過剰摂取や偏食には注意が必要です。

ビタミン

ビタミンも細胞分裂の促進に重要な存在のようです。

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB12
  • ヨウ素
  • ビタミンC:丈夫なコラーゲン
  • ビタミンE :細胞の健康維持

ビタミン ビタミンは大変多くの役割を担う栄養成分です。

ただし、摂り過ぎはかえって害になる場合もあるのでしっかりと必要量を把握し、摂り過ぎには注意しましょう。

身長を伸ばすサプリメント

そうはいっても、中々完璧な栄養素の配分を完璧なタイミングで完璧な量を摂取することなど出来るのだろうか?

気にしすぎて反ってストレスにならないのだろうか?そんな心配のある方。

また、偏食があり栄養素のバランスをとることが難しい方。

その他、年齢的にも骨端線が伸びる時期をとうに通り越している方で、骨の成長を少しでも期待したい方などは、成長ホルモンの分泌を助けるサプリメントで助ける事が望ましいのではないでしょうか?

総合的なバランス、摂取のしやすさなどを考えると、おすすめなのは


PAGE TOP