身長を伸ばす手術

どうにも身長のことで悩んでいたら最終手段として手術、という案も忘れてはいけません。

身長を伸ばす手術と言っても全身麻酔をし、メスで切ってという仰々しいものから、注射器でホルモンを注入すると言う簡単な方法もあります。

なので、手術と言うよりはむしろ医療とか治療と表現した方が良いのかもしません。また、それらの医療費は様々です。

経済的な理由や身長の悩み、問題の深刻度に寄ってこれらの方法もあり得るぐらいに考えた方が自然なのではないかと思います。

実際に低身長症と認められた場合、これらの医療処置は有効であると考えられます。

勿論、これらの医療処置のためには専門の医師のカウンセリング、診察、検査ほかのステップを踏む必要がある事は言うまでもありません。

低身長症の疑いをお持ちの方は、適切な医師に早期相談、検査をお勧めします。

身長を伸ばす手術

共同通信社のウェブサイトの最新医療情報の中で「イリザロフ法」というまさに身長を伸ばす手術について書かれているページがあります。

実際に骨を伸ばす「再生医療」といわれる骨延長術。整形外科の領域でこの15年程で実施されるようになりました。

ヒト成長ホルモンは、10年~15年程前から合法的に使用する事が出来るようになり、以前はアメリカの有名スターや著名人が持てる財産を費やして美容やアンチエイジング、痩身の為に自ら好んでひと成長ホルモン投与を行います。

簡単に言えば、亡くなった方の脳下垂体から成長ホルモンを取り出し、それを患者に注射する、という方法です。

ですが「家族性低身長」のように遺伝が原因だと思われるもの(ヒト成長ホルモンとは関係がないもの)のケースでは有効性は無いので推奨されないのが普通のようです。

成長ホルモンの注射をする際には、長さ5mmの細い注射を使って成長ホルモンを体内に入れます。

自宅においても注射可能な器具のセットも販売もされていて、自分(またはご家族の方)でこれを使えば成長ホルモンを注射することができます。

注射治療を開始当初、1年~2年には著しい効果を見ることができ、身長が一機に伸びるのが一般的です。

ただしそれぞれの体質、成長の時期や成長具合にもよるため、1日も早い段階で治療を受けることがもっとも望ましいようです。


PAGE TOP