子どものいびき

いびきは、こどもが健康かどうかを見極める大切なサインです。親が、こどものSOSを見落とすことの無いように気を配る事がとても大事になってきます。

ここでは、こどものいびきに関して一緒に考えていきたいと思えます。

こどもが、たまにかくいびきであれば、つかれているのかもしれませんし、鼻風邪をひいて鼻が詰まっているのかもしれませんね。

ですが連日のようにいびきをかいているのであればば、いびき防止に関して考える必要があります。

慢性的ないびきを毎日のようにかいている人はそうでない人と比べて日中の注意力が散漫します。

これは子供とて例外ではありません。

成長期の子供で、いびきが結構酷い子は、身体的にも精神的にも悪影響を与えるといわれています。

へんとう肥大っていう病気を知っていますか?

へんとう肥大は、喉のへんとう部分がおおきくなる病気です。

厄介なことに、日頃は強い痛みを伴うことがない為、本人にその自覚がないらしいです。

へんとう肥大に子供がなると、喉の通り道が狭くなり、食物が飲み込みづらくなる為、ゴハンを豊富に食べなくなってしまいます。

このため、身体的な発育は勿論のこと、昼間も元気がなくなってしまうことでしょう。

当然こうなってしまえば肉体の免疫力も低下せざるを得ません。

もし、自身のお子様が普段あまり食事を摂りたがらなったり、周囲の子と比較して風邪をひきやすいなど問題があれば、一度子供の就寝中の様子をじっくり観察することをおすすめします。

それでもし、いびきをかいているようであれば、本人の健やかな成長や健康のためにいびき防止のためのしかるべき処置を実践してあげたいものですね。

定期的に呼吸が止まっているのであれば、いびきを防止するために病院で受診してもらうのがベストです。

成人病の心配よりも鼻や喉に病気を持っているケースが目立つので、耳鼻咽喉科を受診することをオススメします。

いびきとおねしょの関係

ここではいびきとおねしょの関連について解説していきたいと思えます。

いびきは、健康かどうかを見極める大切なサインです。親が子どものSOSを見落とすことの無いように気を配る事がとても大事になってきます。

これはあまり知られていませんが、いびきをかく子はそうでない子より夜間におねしょをする確率が高いという調査結果があります。

親としては「いびきをかくほど完全に寝付いている=トイレにいくために目覚めず、結果的におねしょをしてしまう」と想像しがちですが、実際はそうではありません。

もし子どもが頻繁におねしょをするようであっても、おねしょをしたことを叱るのは止めるよう推奨されています。

実を言うと、いびきは尿の出を抑制する為のホルモンの分泌が弱まる為、おねしょを誘発すると言われています。

大人でもいびきをかく人は、そうでない人よりも夜間トイレの回数が増えることから確かにこれは納得ですね。

いびきを引き起こしている犯人さえ特定できればいびきを防ぐだけでなく厄介なおねしょ問題も自然と解決するはずです。

そのためには何よりおねしょを引き起こしているいびき解決に取り組むべきでしょう。

夜間だけでなく日中も、親として我が子の様子をじっくり見てみましょう。

日中に遊ぶことを面倒臭がったり、晴れてて絶好の公園日和なのに家でゴロゴロ無気力だったり、軟らかく、かつ食べやすい喉越しのいい食事しか取りたがらないようであれば黄色信号です。

これらが、あてはまる様であれば検査を受ける必要があります。

勿論、肥満傾向にあるのであればば、食習慣から見直さなくてはなりません。

普段の生活習慣をもう一度見直して、体質改善をすれば、いびき防止につながっていくでしょう。

それまでのいびきをかかなくなれば、おねしょも自然と治まり、日中には自然と元気な姿を見せてくれるはずです。

又、あかちゃんならば、自分自身から不調を訴えることは出来ませんから、親がこどもの様子を観察することは大切ですね。


PAGE TOP