低身長について

ご自身、または、お子さんが低身長症なのかどうかを知るには、まずご自分自身、または、お子さんの身長を正しく知る事から始まります。

記録をとりグラフにつけてSDスコアと云われる身長の偏差値を用いるようです。

お子さんの身長が低いと気がついたら0?5歳までに専門的な病院で検査を受けるのが理想的とのこと。

ですが、なによりまず、

1. 生まれたときに逆子で生まれた

2. 仮死産だった

3. 難産だった

などの場合は、ただちに検査を受ける事が望ましいです。

また、生まれたときに黄疸が強かったり、長引いた・低血糖の症状が見られた・体重が極端に増えない、急に身長が伸びなくなった・・・

などの場合には自身の成長ホルモンに問題があるようです。そのほか、両親のいずれかが極端に身長が低い(父:158cm/母147cm以下の)場合などは専門医に相談してみる必要があります。

低身長の治療とケア

現在私もまだまだ勉強中なのですが、今回、このサイトの情報の収集にあたって、特に低身長証に関しては、国立小児病院小児医療センター 内分泌代謝研究部長 田中 敏章 氏の著書である「低身長の治療とケア」を参考に勉強させていただいています。

子どもの背骨の病気を治す

低身長を調べる中で慎重に重要な関係のある脊椎の病気の本に出会いました。背骨の病気、姿勢は慎重にも大きな影響を及ぼすようです。私もまだ、勉強の途中で読みかけの本ではありますが、興味深い内容です。

低身長…現在も勉強中です。近いうちに、また内容を更新したいと思っています。


PAGE TOP